取引の種類

(1)成行注文(Market Order)
売付又は買付の値段を指定せずに発注する注文です。多くの場合、現在お客様の画面に表示されている価格で約定されます。多くの場合と表現しました理由は、マーケット価格の変動から、瞬時に数ピップ動くことがありますので、若干ご覧になっていた価格と異なる約定価格となる場合があります。

(2)指値注文(Limit Order)
売付又は買付の価格を限定して発注する注文です。売付の場合は、現在の価格より高い値段を指定して約定されるまで価格の上昇を待ちます。買付の場合は、売付指値注文の場合と全く反対です。

(3)逆指値注文(Stop Order)
指値注文とは全く反対で、現在の値段より高い値段で買付、安い値段で売付をするときに用いる注文です。一見矛盾しているようですが、売建玉又は買建玉を保有している時、一定額以上の損失を避けたい時などに利用されます。更に、テクニカルな観点から、又は重大ニュースの発表が予定され相場の大きな変動が予測される時など、短期売買のツールとして利用されます。

(4)OCO注文(One Cancel Other)
二つの注文を同時に出しておき、一方が約定するともう一方の注文は自動的に取り消される注文方法。新規注文の同時発注及び、決済注文の同時発注が可能となります。価格がどちらかに振れようとしている際に、利益や損失をあらかじめ決めることが可能となります。

(5)IFDONE注文(IFDone Order)
あらかじめ新規注文と決済注文の価格を指定して、同時に発注しておく注文方法。新規注文が約定した後、あらかじめ指定した価格で決済注文ができるため、利益や損失を確定することができます。

(6)IF-OCO注文(IF-OCO Order)
IF-DONEとOCOを組み合わせた注文方法。あらかじめ新規注文の価格を指定すると同時に、決済注文で二つの注文を同時に発注することが可能です。

(7)トレールストップ注文(Trail Stop Order)
逆指値の一種。利益や損失を確定するために、あらかじめ一定の幅を指定しておいて、その後相場の変動に追いかけるように、ストップの価格が変動していく注文方法です。

注:
※上記すべての注文は、同一通貨組合せを対象とします。
※成行注文では当社に注文情報が到着したその時の値段で約定します。よって、タイミングによっては提示された値段と異なる値段で約定する場合がありますので、ご注意ください。
※指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFDONE注文、IF-OCO注文及びトレールストップ注文において、指定するレートと実勢レートの間に、10pips以上の幅がない場合は、その注文は発注できません。