外国為替用語集

相対取引(Over the Counter Market)
外為取引のみならず株式でも債券でも取引所などを介さず、売り手と買い手が直接取引をする取引です。Over the counterを直訳しますと、「店先のカウンター越しで」となり、なんだか胡散臭い感がありますが、私たちの身近な所に数兆円規模の巨大なOver the counter市場があり、日常生活の中で私たちは大変な恩恵を受けていることをご存じですか。それは、Over the counterドラッグと言われるもので、医師の処方箋がなくても薬局やスーパーマーケット、コンビニ等で購入できる一般医薬品のことです。ちょっとしたカゼのひき始めなどで「病院に行くまでも・・・・」と思う時、こうした「OTC」を上手く利用すれば、早期に体調を整え健康を保つことができます。
青天井(Skyrocketing)
相場が上昇中に使われる用語で、相場が極めて強く何処まで上昇するか分からない様を言う。
RSI (Relative Strength Index)
W.ワイルダー考案のテクニカル指標で、価格の変動幅から相場のリズムや法則性を読み取り0%から100%の間で指数化、一般的に75%以上は買われすぎを表し25%以下は売られすぎとする。世界的に比較的人気の高いテクニカル分析手法です。
あや戻し(Technical Rally)
下落傾向にある相場が明確な材料もなく一時的に戻すことを言います。
移動平均線(Moving average)
過去一定期間の平均価格をグラフ化したものです。米国のグランビルが考案したテクニカル分析手法のひとつです。移動平均と直近の価格との乖離から相場の健全性や買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する場合もあります。
オープンポジション(Open Position)
ポジション又はオープンポジションとは未決済の建玉のことです。
織り込み済み(Discounted)
好材料又は悪材料が出ても価格に反映されず、或いは反対の方向に向かうときなどに使われる用語で、以前から期待されていた材料又は以前から不安材料視されていたことで、今となっては痛くもかゆくもなくサプライズでも何でもない、といった商状をいう。
卸売物価指数(Wholesale Price Index = WPI)
消費者物価指数と並び需要・供給を反映する物価動向を計る重要な統計で、卸売り段階での商品の価格を指数化したものです。海外の生産者物価(Producers Price Index)に近いものです。