2009年03月31日

2009年03月31日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
31日の東京市場は、月末・期末の仲値需要から本邦機関投資家、本邦輸入企業
や信託の円売りで、円が軟調な推移となった。 また欧州通貨もクロス円の買いを
受けて、堅調な推移となっている。ユーロドルは、1.3175から1.3283まで上
昇、ポンドドルも1.4241から1.4319まで値を上げ、ドル円は、97.24から9
8.50まで一時上昇した。 一方クロス円も堅調で、ユーロ円が128.27から13
0.65、ポンド円が138.52から141.13、オージー円が66.10から67.86、
NZD円が54.51から55.98、カナダ円が76.94から78.45、スイス円が84.
49から86.04まで一時値を上げた。        

注意ポイント
当リポートの配信は、本日で終了致します。 今までご愛顧いただき、大変有難う
ございました。 これからもトレードでがんばってください。 皆様のご多幸をお祈り
申し上げております。

続きを読む "2009年03月31日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月31日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
30日のロンドン市場では、オバマ大統領の発表を前に、ドル円、クロス円に安値か
ら買い戻しの動きが中心となった。NY市場では、オバマ大統領が米GMとクライス
ラーに対する延命処置を発表。一時ドル円、クロス円が戻り安値を目指す動きとな
ったが、NYダウが、寄り付きから330ドル近い下落となり、反発が限定されたこと
で、その後は揉合いの推移となった。ユーロドルは、ロンドン・フィキシングでの期末
に向けた纏まった売りの噂で、1.3210前後を上値に1.3114まで下落。 ドル円
は、97.10-15の戻り高値からは、96.65-70の安値との揉合い推移。ポンド
ドルは、1.4130-35を支えて1.4230-35まで反発している。 一方クロス円
も東京・ロンドンの安値からは反発後、戻り安値との揉合いの位置で推移。ユーロ
円が128.30レベルまで反発、ポンド円が138.86、オージー円は66.21、NZD
円が54.83、カナダ円が77.67から76.78まで値を下げ、、スイス円が84.68
まで一時値を戻した。

注目ポイント
当リポートの配信は、本日で終了致します。 今までご愛顧いただき、大変有難うご
ざいました。 これからもトレードでがんばってください。 皆様のご多幸をお祈り申し
上げております。

続きを読む "2009年03月31日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2009年03月30日

2009年03月30日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
30日の東京市場は、米自動車作業部会が米ゼネラル・モーターズとクライスラーの
再建計画受け入れを拒否したことで、株価の下落やリスク回避の円買いが大きく進
んだ。 ドル円は98.32から95.96まで下落し、ユーロ円が130.55から126.43
まで急落。 ユーロドルもこれにつれて1.3290から1.3165まで値を下げた。また
ポンドドルが1.4298から1.4130まで下落、ポンド円が135.72、オージー円が6
4.98、NZD円が53.64、カナダ円が76.56、スイス円が83.39まで下落した。た
だ米大統領の自動車対策発表は、今夜予定されており、こういった内容がどこまで
深刻かは不透明。        

注意ポイント
今夜の米大統領の自動車対策発表では、逆説的なサプライズの可能性もあり注意。
また織り込みの可能性も残っている。

続きを読む "2009年03月30日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月30日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
27日のロンドン市場では、来週のECB理事会を前に、一部メディアが、ECBが量
的緩和を実施するとの観測記事を受けて、ユーロ売りが強まったが、これを受け
て、ドル買い、円買いの流れ。 日本とロシアが外貨準備のドル依存は変わらない
発言したことも影響があったようだが、総じて期末・週末で商いの薄い中、フローに
振らされる動きとなった。 NY市場では、欧州市場の動きが一服して、週末を控え
たポジション調整の動きが中心となったが、NYダウが、8000ドルを前に、利食い
売りから下落傾向が鮮明になったことで、ドルや円は堅調なレベルで引けている。
ユーロドルは、1.3337まで下落後、1.33前半を重くして再度1.3256の安値を
つけ、ポンドドルは1.4269まで下落、ドル円もロンドン時間に97.10の安値まで
下落したが、その後の反発は98.30台に限定された。 一方クロス円もロンドン昼
過ぎに安値をつけた後は、反発的も戻りは限定された。ユーロ円が129.53から1
30.63-68レベル、ポンド円が139.03から140.71、オージー円が67.23か
ら68.23、NZD円が55.48から56.15、カナダ円が78.40から79.31、スイ
ス円が85.08から85.92まで反発した。

注目ポイント
当リポートの配信は、今月末で終了します。今までご愛顧いただき有難うございまし
た。

続きを読む "2009年03月30日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2009年03月27日

2009年3月27日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
27日の東京市場は、昨晩のNY市場の動向からは一転して、円が堅調推移となっ
た。 四半期末最終売買日に絡んだファンド勢の売り未だ3月期末決算に絡んだ
本邦機関投資家のリパトリの売りが上値を抑え、ドル円は98.87から97.70ま
で下落した。 一方ユーロドルは材料難から1.3521から1.2592での揉合い推
移。ポンドドルも1.4429から1.4487での推移となった。一方クロス円はドル円
につれて全般的に利食いが優勢。ユーロ円は133.86から132.55、ポンド円
は142.97から141.07、オージー円が69.48から68.16、NZD円は57.1
8から56.05、カナダ円が80.47から79.52、スイス円が87.76から86.82
へ値を下げた。

注目ポイント
週末のポジション調整が基本で、材料難からは動意は不透明となる。

続きを読む "2009年3月27日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
26日のロンドン市場では、ファンド勢が纏まった買いを入れてきたこともあり、ドル
円・クロス円は堅調な推移となった。NY市場では、材料に乏しい中、ドル買い、円売
りが強まった。NYダウが寄り付きから堅調な上昇となったことも影響している。 ユ
ーロドルは、パパデモスECB副総裁の発言をきっかけに、1.3640まで上値を拡
大したが、英系・欧州系のまとまった売りオーダーに、1.3492まで逆に値を下げ、
ポンドドルも1.4683から1.4424で下落した。ドル円はじりじりと値を上げ、98.
87の高値まで上昇、クロス円も総じて堅調推移となった。 ユーロ円が132.93、
ポンド円が143.59、オージー円が69.44、NZD円が57.11、カナダ円が80.3
5、スイス円が87.70の高値まで一時値を上げた。
 
注目ポイント
さてさて、金曜日ということもあるが、ポジション調整の動きには注意。また円は軟
調が継続しているが、クリティカルなレベルが近いので上値を追いはできないが、逆
に超えると強い上昇となるので、この辺を見て対応したい。

続きを読む "2009年03月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月26日

2009年03月26日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 26日の東京市場は、材料難の中揉み合い推移となったが、本邦機関投資家からの
円売りで、円は軟調気味な推移となった。欧州通貨では、欧州連合での東欧加盟
国の政治的混乱が嫌気して軟調推移から、ユーロドルは、1.3617から1.3537ま
で下落、ポンドドルは、1.4625から1.4537での推移となり、ドル円は97.44から
98.23まで一時値を上げた。 一方クロス円も総じて堅調推移で、ユーロ円が132.
35まで下落後、133.47まで上昇、ポンド円は141.66から143.56まで値を上げ、
オージー円は67.93から68.89、カナダ円が79.10から80.01まで上昇したが、
NZD円は、長期金利の急上昇を受けて、55.12から56.72と直近高値を上回る
上昇となった。 

注意ポイント
円は軟調気味で、こういった展開が続きそう。しっかりとDipsを待つ必要はあるが、
堅調が期待値となる。 

続きを読む "2009年03月26日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
25日のロンドン市場では、英40年債入札が不調となったことや英3月CBI流通取
引調査が、前月比から大きく悪化したことで、ポンド売りが強まった。NY市場では、
ガイトナー米財務長官が、中国人民銀行の周小川総裁のレポートとなる「ドルのみ
に基軸通貨を依存せず、国際通貨基金の準備金である特別引き出し権(SDR)の
役割を拡大すべき」に対して、「中国の提唱したSDRにリンクした通貨システムに向
けた動きに関しては、かなりオープンである」などと発言したことで、基軸通貨のドル
の信認が揺らぎ、一時大きくドル売りが強まったが、その後同総裁が、「基軸通貨と
してのドルの地位に変化はない」、ボルカー経済顧問も「中国の提案は現実的では
ない」と述べたことで、ドルの買い戻しとなった。 ユーロドルは、ロンドンの安値1.
3418から1.3658まで上昇、ドル円は98.09から96.90まで一時急落したが、
その後は97円台での保合となり、ポンドドルは、1.4721へ上昇後、1.4516ま
で下落した。一方クロス円もNYダウが一時の200ドル高からマイナス50ドル安へ
下落、引けでは89ドル高まで値を戻し、ドル円と欧州通貨の動きに右往左往しが、
比較的堅調なレベルを維持した。 ユーロ円は、130.77へ下落後132.89で上
昇、スイス円は86.01から87.23、NZD円が54.09から55.83へ値を上げ、
日中高値を上回ったが、オージー円は67.27から68.66、カナダ円が78.86か
ら79.87の上昇に留まった。 ただし、ポンド円は、ポンドの売り圧力に143.35を
高値に140.97まで一時下落した。
 
注目ポイント
ドル円、クロス円は堅調な範囲だが、揉合い気味を想定しており、逆張りスタンス。

続きを読む "2009年03月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月25日

2009年03月25日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
25日の東京市場は、昨日のNYの地合いを引き継ぎ、ドル売り、円買いが優勢とな
った。 ドル円は、早期には5-10日の仲値不足の思惑から一旦ショート・カバー気
味に、98.35まで値を上げたが、実際は仲値が余剰だったこと、2月の貿易収支が
赤字予想に反して黒字となったことや東京株式市場が弱含みに推移したことで、そ
の後は売りが優勢となり、一時97.35まで下落した。ユーロドルは、引き続き利下
げの思惑が残り、1.3497から1.3441まで値を下げ、ポンドドルも1.4720から
1.4629まで下落した。 一方クロス円は、ドル円同様利食いが優勢となり、ユーロ
円が132.56から130.98まで下落、ポンド円が144.58から142.62、オージ
ー円が68.75から67.67、NZD円が55.39から54.31、カナダ円は80.04か
ら79.07、スイス円は86.99から86.01まで値を下げた。

注目ポイント
水曜日の動向で注意が必要だが、今日のドル円、クロス円の下げが、下値を確定す
るか注目される。 尚当リポートは今月末で、配信を終了いたします。今まだご愛顧
頂き有難うございました。

続きを読む "2009年03月25日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
24日のロンドン市場では、ユーロ売りが強まる形から、ドル円、クロス円は、高値
をつけた後の方向感に乏しい展開となった。 NY時間では、大きな材料に薄い中、
NYダウが一時のプラスから、マイナス圏へ転落、ドル円、クロス円に利食いが優勢
となるなか、ドルの買い戻しが優勢となった。 ユーロドルは、1.3431の安値へ下
落、ポンドドルは、1.4450レベルから1.4778まで値を上げ、ドル円は97.65-
70の下値を限定した。一方クロス円はじりじりと利食いに抑えれる展開から、日中
の安値を更新。ユーロ円が131.43、オージー円が67.80、NZD円が54.83ま
で下落したが、ポンド円の下落は143.25-35レベルに留まった。
 
注目ポイント
円が軟調な展開となっているが、更に上値追いは不透明。 しっかりと利食いを入
れて、様子見スタンスが安全そうだ。

続きを読む "2009年03月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »