2008年07月24日

米国の圧力も為替相場を決める

07月24日
板垣哲史

 変動相場制移行当時は、それぞれの国の事情で参加者が限定されて、しかもそれぞれの国家が、自らの政策の一環として最大のプレーヤーでもあった。こうした事実は、今はやや陰に隠れているが、プレーヤーにとって決して忘れてはならない為替相場の特徴でもある。すなわち今でも各国の金融当局は、自らの国益を利するか否かの視点で為替相場の成り行きを注意深く見守り、状況によっては為替介入によって、突然市場に姿を現すことがあるのだ。
 一般に、為替相場の均衡点は、次の経済的ファクターから強い影響を受ける。第一は、GDPに表される、過去数四半期のその国の経済成長率の傾向と半期先までの経済成長率の見通しであるが、高ければその国の通貨は強くなる。第二番目は、同じく半年前ぐらいからのその国の物価の動向と半年先までのインフレ率の想定数値であり、インフレ率が高ければ、その国の通貨の購買力が下がることになり、相対的に通貨の価値は低くなり、弱くなり、その反対であれば強くなる。第三番目は、その国の金利水準が他国と比べて高いレベルなのか低いレベルなのかと先行きの金利がさらに上がりそうなのか、下がりそうなのかを市場が判断することが、本質的に為替の動向を決定付ける。

続きを読む "米国の圧力も為替相場を決める" »

2008年07月17日

<売買シグナル==最強の外貨投資法を伝授 >

07月17日
マーフィー

 今月も、いつものように、私の分析モデルに基づいて実際のトレードに役立つ売買シグナルをお届けします。ぜひ、皆様の毎日のトレードの指南にして頂ければ幸いです。

 分析手法としては、いつものように今後数週間程度以上の期間での相場動向・予測に焦点を当てて、通貨ペア毎にコメントをさせて頂きます。尚、以下のそれぞれの通貨ペアの相場分析・予測は7月16日東京時間夕刻時点のデータに基づいて行ったものです。

続きを読む "<売買シグナル==最強の外貨投資法を伝授 >" »

2008年07月10日

小瀬正毅――フィスコ 為替・債券担当アナリスト

 外国為替市場では7月の決算期が近づくにつれて米企業業績不安を背景とした米株安が進み、またECBによる利上げ観測からユーロ高・ドル安となっていた。ところが、3日の理事会で実際に0.25%の利上げが決定されたものの、会見でトリシェ総裁が追加利上げを示唆する発言をしなかったことからその調整局面を迎えている。さらに、7日から開催される主要国首脳会議(洞爺湖サミット)で原油高や世界経済におけるスタグフレーション化の懸念に対する国際協調による有効な政策が打ち出されるとの見方も、ドル買い戻しと原油を中心とするコモディティの手仕舞い売りを促しているようだ。もっとも、足元では日本経済も景気後退観測が高まるなどドル、ユーロ、円いずれも積極的に買える状況ではなく、総じて見送り気分が強まっている。強いていえば、コモディティで手仕舞い売りが出るまでは円の地合いが弱かったが、これはボラティリティが小さな状況では金利差に着目した円キャリー取引が活発になりやすいことを物語っている。

続きを読む "小瀬正毅――フィスコ 為替・債券担当アナリスト" »

2008年07月03日

マーケット観

07月03日
立正大学経済学部 教授 林 康史

 大学院の金融論特殊の授業で、『市場と取引―実務家のためのマーケット・マイクロストラクチャー』〈上・下〉(宇佐美洋 監訳、東洋経済新報社)を講読している。Larry Harris の本で、原著のタイトルは、“TRADING AND EXCHANGES”。サブタイトルは日本語と同じものだ。
 帯には、
 ――従来の経済学では説明のつかないアノマリーの存在など、既存経済学の限界の超克を目指した「市場の微視的な構造」研究が80年代以降活発になった。「流動性」、「取引費用」、「情報を反映した価格」、「ボラティリティ」、「取引利益」をキーワードに、その全容に迫る――
 とある。

続きを読む "マーケット観" »

2008年06月26日

重要指標発表までの思惑と現実

06月26日
板垣哲史

  我々人間は幸か不幸か常に先を考え、未来に備えようとして行動するため、ことが起こる前に、前もって事態を予測し、先んじて行動を取ろうとする。
 相場の世界でやっかいなのは、プレイヤーが全てこのような発想を持つ人間であることだ。相場のパラドックスとは、売るべき事実が明らかになった時には、売り手がおらず買い手ばかりとなり、買うべき事実が明らかになった時には、買い手がおらず売り手ばかりとなり、その結果相場は動くべき方向と反対の動きになってしまう現象のことを言う。
 相場の格言の中にある「噂で買って事実で売る。」「噂で売って事実で買う。」という行動が、時としてプレーヤーの常套手段となる。

続きを読む "重要指標発表までの思惑と現実" »

2008年06月19日

<売買シグナル==最強の外貨投資法を伝授 >

06月19日
マーフィー

 今月も、いつものように、私の分析モデルに基づいて実際のトレードに役立つ売買シグナルをお届けします。ぜひ、皆様の毎日のトレードの指南にして頂ければ幸いです。

 分析手法としては、いつものように今後数週間程度以上の期間での相場動向・予測に焦点を当てて、通貨ペア毎にコメントをさせて頂きます。尚、以下のそれぞれの通貨ペアの相場分析・予測は6月18日東京時間夕刻時点のデータに基づいて行ったものです。

続きを読む "<売買シグナル==最強の外貨投資法を伝授 >" »

2008年06月12日

斎藤満――東海東京証券 理事 チーフエコノミスト

 外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=105円台後半を、ユーロ・円相場も1ユーロ=165円手前の上値抵抗を超えて上昇し、ここへきて主要通貨のなかでは円独歩安になっている。その背景には、FRBのバーナンキ議長、ECBのトリシェ総裁がインフレ懸念から利上げを示唆する姿勢を見せていることがある。
 米国で利下げ打ち止めから一部では利上げ観測まで見受けられるようになったのは、これまでの低金利でドルが大きく下落し、これが原油高を助長し、さらに市場や国民の間にインフレ期待が高まりつつある点を危惧したためと見られる。したがって金利先高観と、場合によっては為替介入の可能性まで示唆してドル安を阻止し、原油高を抑制しようと考えたようだ。

続きを読む "斎藤満――東海東京証券 理事 チーフエコノミスト" »

2008年06月05日

「石油、穀物の価格高騰の行方」をラジオでしゃべって……

06月05日
立正大学経済学部 教授 林 康史

 この4月から、月に一度のペースで、朝のラジオ番組に出ている。ビジネスについての展望を10分弱で語るというコーナーだ。先日、「石油、穀物の価格高騰の行方」というテーマで、話した。
 (5月23日に日刊工業新聞の第二部に、一面から四面まで、商品取引の活性化についての論考を掲載したが、その導入部分の市況の部分について、語ったのである。詳細はそちらをごらんいただきたい)

続きを読む "「石油、穀物の価格高騰の行方」をラジオでしゃべって……" »

2008年05月29日

鶴田典裕――新光総合研究所 上席主任研究員

 ドル・円相場は米ベアー・スターンズが破綻した3月17日に1ドル=95円77銭の安値をつけてから反発したが、5月2日に105円70銭まで戻して上値を抑えられてしまい、最近では弱含み傾向になっている。ここにきて原油価格高騰から企業収益悪化懸念が高まっており、ガソリン高から消費減退懸念も強まっていることも加わって米株価が軟調な展開になっていることがその背景になっている。現在では市場はFRBが利下げ打ち止め観測を通り越して1年後には利上げに転じるのを織り込んでいるが、インフレ懸念といった共通の問題点を抱えている欧州や日本でも利上げ観測が高まっている状況ではドル高要因にはなっていない。むしろ、それにより米株価が軟調な展開になっていることでドル安をもたらしているといえる。

続きを読む "鶴田典裕――新光総合研究所 上席主任研究員" »

2008年05月22日

自分の未来に豊かなイメージを描こう

05月22日
板垣哲史

 最近、『ザ・シークレット』(角川書店)という翻訳物の本が、静かなベストセーラーとなっている。内容を、結論的にいえば、現在の自分の状態は、金銭的なことにしろ、仕事や家庭のあり方にせよ、過去に思っていたことが実現したに過ぎない。
 よって、自分は、将来どのようになりたいか、どんな生活をしたいか、という未来に対する現在のイメージによって、自分の未来の在り方は決定される。ということが書かれている。これは人生のあらゆる分野の出来事にも当てはまることだそうだ。

続きを読む "自分の未来に豊かなイメージを描こう" »