取引リスク

外国為替証拠金取引は、少額の取引証拠金と比べ取引総代金が大変高額となる取引を致しますので、為替市場の動向がお客様のお考えどおりになった場合、一度に多額の利益を獲得することがあると同時に、お客様の意図した方向の反対に進んだ場合は、思わぬ損失につながることもございます。為替取引に係る様々なリスクを十分にご理解いただきまして、ご自身の判断と責任に於いて取引していただきますようお願いいたします。お取引を始める前に、下記の点をもう一度ご確認ください。

1.

為替変動リスク : 本取引は、元本や利益が保証されている商品ではありません。世界の政治情勢や各国の経済景気状況、世界の商品市況や金融動向、更に国際紛争や災害に至るまで、ありとあらゆるものが外国為替市場の変動要因であり為替相場変動リスクとなります。外国為替は2つの通貨の交換レートですので、取引通貨のみならず価格通貨の相場変動においてもお客様の純財産額に変動をもたらします。

2.

オンライン取引等に関するリスク : 世界情勢の急変や天災、テロ、インターネット環境等の不具合、取引システムに対するサイバー攻撃等による通信障害等からもたらされる不慮の損失の可能性も大きなリスク要因のひとつです。

3.

金利変動リスク並びに流動性リスク : 取引対象通貨の市場金利が変動した場合、スワップポイントも変動します。その為、スワップポイントも受取から支払に転じる事などもあり、金利の変動もリスク要因のひとつです。また外国為替市場は、他のマーケットと比べまして絶大なる流動性を有しておりますが、クリスマス前後等の市場参加者の少ない時期は薄商いのなかで上下に大きく動く(ハイヴォラチリティ)場合があり、意図したお取引ができない可能性もあります。これは、一般にリクイディティリスクと呼ばれています。

4.

信用リスク :お客様とくにやす・FXが行いFX-Bridge取引から発生するお客様のくにやす・FXに対する債権は、一般の債権者と同様に取り扱われます。お客様の大切な預託金は、金融商品取引法に基づきくにやす・FX固有の財産と完全に分離し整然と保管されておりますが、預託金の一部はカバー取引の証拠金としてカバー取引先に預託されております。従いまして、カバー取引先の信用状況によってはお客様が損失を被る危険性=取引先リスクも存在しております。

5.

相場急変によるスリペッジリスク : 当社では、急激な為替相場の変動からくるお客様の損失を限定するため、「自動ロスカット方式」を採用しております。これは常に行われている値洗いによるお客様の純財産額(残高)が維持証拠金(使用証拠金)の額を下回った場合、未決済建玉の全てが自動的に決済されるものですが、為替相場の状況次第で自動決済執行価格がトリガー価格(自動決済発動価格)から大きく乖離する場合(スリペッジ)があります。同様にストップロス注文等の約定価格にもスリペッジが発生する場合があります。これらも為替相場変動リスクのひとつですが、前述のものとは異なった性質をもっていますので特記するものです。

6.

外国為替証拠金取引約款 : 外国為替証拠金取引を取り巻くリスクは、当社の外国為替証拠金取引約款書等にも開示されておりますが、それら印刷物やホームページ上に記載されております各種リスクが全てとは限りません事を追記いたします。

>>ページトップへ戻る